薬を持っている様子

クラミジアは日本国内で最も感染者数が多いと言われている性病なので、病名を聞いたことがあるという人は少なくないはずですが、実際にどのような病気であるかまで知っている人は少ないと言えます。ですが、クラミジアを発症する原因を知っておかなければ感染してしまうリスクが高まってしまうので、どのような感染経路で病原菌が移り、発症してしまうのか知っておく必要があるでしょう。この性病は基本的には性行為が原因となって感染するので、具体的にどの行為で発症する可能性があるのか確認しておくことが大切です。

多くの性病がそうであるようにクラミジアもコンドームを用いずに行ったセックスやオーラルセックス、アナルセックスが原因で感染が起こります。クラミジアの原因菌は精液や膣分泌液といった体液中に含まれており、感染部位の粘膜にも病原菌が存在しているので、体液が身体の中に入ったり粘膜同士が触れたりすることで感染すると言えるでしょう。セックスやアナルセックスでは性器から性器に病原菌が移されますが、オーラルセックスの場合は性器から咽頭に病原菌が移されることもあれば、咽頭から性器へと病原菌が移されることもあります。コンドームを使用せずに性行為を行うことで性器や体液、粘膜が触れることによって感染するので、クラミジアに感染しないためには性行為の際にはコンドームを使用することを徹底することが重要です。

クラミジアは風俗の利用が原因で感染することが多い性病のひとつだと言われており、すでに病気に感染している女性にオーラルセックスを行ってもらうことで男性の性器に感染してしまうことが少なくありません。その結果、家にまで病原菌を持ち帰ることになってしまい、自分だけではなくパートナーにまで被害が拡大することが多いです。カップルなど絶対にお互いが性病ではないと分かっている人同士であれば、コンドームなしでオーラルセックスを行ってもクラミジアになりませんが、風俗でコンドームなしでオーラルセックスを行うと病気に感染してもおかしくないと言えます。

コンドームを使用せずにセックスやアナルセックス、オーラルセックスを行うことでクラミジアを発症させてしまうことが多いので、このような経路で感染してしまうことを知っておきましょう。そして、避妊具を使用しない性交渉で発症してしまうことがないように、普段から性行為を行うときにはコンドームの着用を徹底するようにしてください。