• ホーム
  • ジスロマックと併用禁忌の薬にはどのような種類のものがありますか?

ジスロマックと併用禁忌の薬にはどのような種類のものがありますか?

病原体

いくつかの細菌性の病気を治療するために効果的なジスロマックですが、服用する前にはこの薬を飲んでも平気かチェックしておくことが大切だと言えます。医薬品を服用するとき全てに言えることですが、初めて飲む薬は併用禁忌が指定されていないか確認しておくことが大切です。併用禁忌薬は一緒に服用してはいけない治療薬のことを指しており、もしも併用禁忌とされている治療薬と同時に服用してしまうと身体に重篤な症状があらわれる可能性があります。とても危険なことなので、服用する予定の治療薬と現在飲んでいる治療薬が併用禁忌の関係にないか調べておくことが重要です。

ジスロマックの場合は併用禁忌として指定されている薬はありませんが、併用注意として指定されている薬がいくつかあります。まずは抗凝固薬のワルファリンをあげることができ、ワルファリンを代謝するための酵素をジスロマックが阻害してしまうので、上手く代謝することができずにワルファリンの作用が増強してしまうということが問題です。次に強心剤のシゴキシンをあげることができますが、これも肝臓で代謝する薬なので代謝が遅くなってしまう可能性があり、シゴキシンの血中濃度が高まり中毒症状を起こす危険性があります。抗ウイルス薬のメシル酸ネルフィナビルも併用注意薬であり、これはジスロマックの有効成分が正常に代謝されない可能性が生じてしまい、副作用の下痢や吐き気が出やすくなってしまうでしょう。そして、抗生物質のシクロスポリンとも飲み合わせに注意する必要があり、シクロスポリンの血中濃度を高めて肝臓や腎臓の障害を引き起こす可能性があります。

クラミジアのような性病や細菌性の病気に効果的なジスロマックですが、他の治療薬と一緒に飲むことで思いもよらぬ症状を引き起こしてしまう可能性があるので注意が必要です。併用禁忌とまではいきませんが、併用注意として指定されている治療薬はいくつかあるので、服用を開始する前には自分がすでに飲んでいる薬と相互作用が起こってしまわないか確認しておくようにしてください。少しくらいなら大丈夫だろうと思っていると重い症状を引き起こす理由となってしまったり、ジスロマックの効果も弱まってしまったりする可能性も否定できません。ジスロマックはとても効果がある優れた治療薬だと言えますが、病気を治療するために他にも飲んでいる薬がある場合は、同時に飲んでしまう前に飲み合わせが問題ないかチェックすることを忘れないでください。

関連記事
性感染症は病院で治療を受ける以外に治す方法はあるのでしょうか? 2020年08月26日

性感染症を発症したときは病院で診察や検査を受けて治療してもらうことがいちばんだと言われていますが、病院に頼りたくないと考える人は少なくないはずです。様々な事情で病院以外の方法で治したいと考えるのであれば、病院を受診しなくて良い方法から自分に適しているものを選んでみると良いでしょう。そこ以外で性感染症...

性感染症を完治するにはどのような方法がありセルフでも治療できますか? 2020年07月22日

性病になったときには完治ができるのだろうかと心配になる人が多いはずですが、これは一概に完治することができる完治することができないと言うことはできません。なぜなら病気の種類によっては1回感染してしまうと体内から排除することが不可能なウイルスも存在していますし、免疫力が低下したときに再発を繰り返す日和見...

トリコモナスは病院で診察を受けなくても薬を服用するだけで治療ができるのですか? 2020年06月13日

数多くある性病の中でも、トリコモナスは男性よりも女性が感染しやすい病気のひとつとして知られています。原因である原虫が性器に侵入しようとしても、男性は排尿するときに原虫を流し出してしまうことが多いので発症までいかないことがほとんどですが、女性の場合は流し出すことができずに原虫が侵入してしまうようです。...

ジスロマックには性感染症の治療以外にどのような効能がありますか? 2020年03月15日

ジスロマックはアジスロマイシンを主成分としているマクロライド系の抗生物質であり、クラミジアを治療するために用いられることが多い薬です。病院でも第一選択薬として選ばれることが非常に多く、クラミジアで病院を受診するとジスロマックが処方されるケースは多いと言えます。ですが、実はジスロマックはクラミジア以外...

クラミジアの潜伏期間はどれぐらい?発症してからどれぐらいの期間症状が続くか? 2020年03月21日

クラミジアの潜伏期間がどれくらいなのか知らない人は多いですが、どういった原因で感染したか気づくためやパートナーに移してしまうことがないようにするためにも、潜伏期間を知っておくことはとても重要だと言えます。どれくらいの期間であるか知らなければ、いつ行った性行為が原因で感染したのか特定することができませ...